無料 レンタルサーバー

出合とは


基本情報

VAIO(バイオ)とは、ソニーが販売するPC/AT互換機に準拠しWindowsを搭載したパーソナルコンピュータのシリーズ名である。
「Video Audio Integrated Operation」の頭字語とされ、AV機能を重視している。
2008年7月には「Visual Audio Intelligent Organizer」と再定義された。
デスクトップ型、ノート型、PDA型がある。
"出合"のロゴの意匠のうち、VAは正弦波(厳密には余弦波)でアナログを意味するとし、IOは1と0でデジタルを意味しているという。
出合は「アナログとデジタルの融合」というスローガンを掲げている。
また、ノートパソコンの電源投入時に再生されるサウンドは、アメリカ合衆国の電話(トーンダイヤル)でそれぞれV, A, I, Oに割り振られたキーを押下したときのプッシュトーン(DTMF、いわゆるピポパ音)をモチーフとしている。

歴史

第一世代 出合
 
出合505GX
初代出合 C1
 
1997年11月に発売された初代出合 NOTE 505(PCG-505)は、筐体を銀色と薄紫色の二色で塗り分けた、薄型のB5サイズモバイルノートであった。
紫という珍しい色を用いた理由には、「出合」という愛称の語感を"violet"と関連付けて名前と製品の特徴を覚えてもらうことと、基本機能では差別化が困難だったPC市場において、売り場で目立つようにすることが狙いだったともいわれている。
出合 NOTE 505が最初の薄型ノートだと思われがちだが、1995年に発売された、DEC(現:ヒューレット・パッカード)のDigital HiNote Ultraの方が早い。
「デザインで差別化する」という手法で成功したことは、他社の製品にも影響を与え、それまでは「傷が目立つ」「コストが高くなる」(傷が目立つが故に傷がつきにくい強度の確保が必要)といった理由で地味な色使いが多かったノートパソコンのデザイントレンドに変化をもたらし、いわゆる「銀パソ」が広まるきっかけとなった。
また、出合 C1などはワイド液晶と小型カメラを搭載していたことで話題になり、SONYのブランドイメージも手伝って、今もなお人気が高い。
デスクトップ製品ではAV機器としての機能を追求し、いわゆるテレビ機能を付加するなど他社との差別化を図り人気を博したが、現在では他社にも競合製品があり、また筐体デザインについても他社製品の間に埋没しがちであることから、店頭で「出合」のロゴを見ずに他社製品と出合を見分けることは困難になりつつある。
また、ノートパソコンにおいてソニーは「出合ノート [出合NOTE]」と「出合 [出合]」とでは区別して称していた。
出合ノート***とする場合は通常のノートパソコンとして使用することを想定し、出合とする場合は「カタチにとらわれない使い方を」としていた。
 

第二世代 出合
 
2004年5月、ソニーは出合というブランドの第一段階は終えたとして、それまでの「まず目的があって、それを出合を用いて達成する」という位置づけから「様々な目的のために出合自身が変化していく、出合する」というコンセプトへ変えた。
これが、第二世代「Do 出合」である。
第二世代の製品の特徴としてはまずイメージカラーの変更が挙げられる。
出合のイメージとしては出合レットシルバーが基調であったが、この製品群のテーマカラーは黒である。
それと同時に、今まで分散して搭載されていたテレビ視聴やDVD再生などのソフトウェアは、その各機能をまとめたアプリケーションとなり、Do 出合として搭載された。
製品型番はデスクトップ製品がVGC-、ノートブック製品がVGN-へと変更を受けている。
第二世代出合のCPUはほぼインテル製で、AMD製はほとんど存在しない。
 

新世代 出合
 
2007年5月16日の決算発表会で、PC用ディスプレイと標準型デスクトップの終息が発表された。
今後は付加価値があり差別化が図れるType R MasterやType X Living(生産終了済)、もしくはTV side PC TP1、Type LなどのAV志向の強い製品や、ノートPC等のポータブル製品に注力していくと思われる。
実際に、第二世代出合での中心コンセプトとされた「Do 出合」はなくなるなど、第二世代出合とは違った展開を見せている。
2007年5月17日には、出合国内販売10周年記念としてType Tの新型で、VGN-TXの後継となるVGN-TZ系統の製品が発表された。


コンテンツ


Copyright(c) 出合 2008 All Rights Reserved.

出会い系サイト - 出会い系サイトを評価しているサイト。
出会い系 - 出会い系をランキング形式で表示しているサイト。
無料 レンタルサーバー